株式取引の5つのメリットについて紹介!

世の中が不況にあえぐ今こそ、株式の取引を始めるチャンスです。
そこで今回は、株式取引をするとどんなメリットがあるのか簡単に紹介したいと思います。

世界の情勢に詳しくなる

世界の流れを知らないと上手に株取引をする事はできません。
世界の情勢は目まぐるしく移り変わりますが、自分の大切なお金をつぎ込んでいると自然に世界に興味を持つようになります。

株式投資を始めると、これまで何気なく聞き流していたニュースや世の中の動きに関して注意深くなり、より身近に感じることができるでしょう。
社会人として世界の動きを常に把握している事はとても大切なことですし、それが本業に生きるチャンスもあるはずです。

経済の仕組みに詳しくなる

株取引をしていると世界経済がどのように回っているのかが身をもってわかるようになります。
身近なところで言えば銀行や株式会社の仕組みだったり為替だったり、経済がどのような仕組みになっているか深く理解することができるでしょう。
経済の仕組みをサラッと説明できる人ってやっぱりかっこいいですよね。

将来のリスク回避になる

昨年、老後2000万円問題が大きな話題になりましたが、このままでは年金基金が枯渇し私たちが受け取る年金が不足することは避けようのない事実です。

もちろん貯蓄をして老後に備えるのも大切ですが、すぐに使わないお金は資産運用に回して「お金がお金を稼ぐ」システムを構築しておくことが非常に大切なのです。
かつてバブルの時代では銀行にお金を預けておくだけでどんどん増えていましたが、今は銀行にお金を預けてもほとんど増えません。

さらにこの30年がずっとそうだったようにモノの価値はどんどん上がり、現金は今後ますますその価値を失っていくことでしょう。
そこで現金以外の資産を持ち上手に資産運用しておくことで、老後のリスクを回避することにつながります。

配当金や株主優待を受けることができる

株式投資の醍醐味は、年に数回受け取ることができる配当金や株主優待です。
投資先の企業が利益を上げた場合には、その1部が株主に還元される仕組みになっておりこれを配当金と呼んでいます。

またすべての企業が実施しているわけではありませんが、株主優待としてその会社のサービスやクオカード等のギフトカードを受け取ることもできます。

少額しか投資していない場合には配当金や株主優待はそれほど大きなものではありませんが、それでもそれらを受け取ることができると非常に嬉しくなります。
株主優待目当てで株式投資をしている人はたくさんいます。

値上がり益を狙うことができる

自分が買った会社の株が値上がりしそのタイミングで売却することができれば、値上がり益を得ることができます。
短期間で2倍3倍、時には10倍以上も値上がりすることも珍しくありませんから、上手にやることで大きく儲けることができます。

株式投資としておすすめできること

株式投資をするときには個別銘柄の分析の仕方を知っておくというのがまずは大前提です。株式投資の良いところというのが、企業の業績というのは必ず公開されているものであるという点です。

それは途中経過であることもありますし、最終的な決算というような形でも公開されます。大前提としてこれが正しいということがあるわけでそれを見て判断するということができるのが株式投資の素晴らしい点です。

もちろんその点をごまかしてしまうような企業もあったりするわけですが、あくまでそれは悪いことをしている企業ということで例外的なことであると考えておきましょう。

基本的に嘘はない、というのが決算報告書ということになるわけで、それを見ることができるようなスキルがあれば株式投資というのはおおよそこれからどうなるのかということを個別に判断するということは極端に難しいとは言い難いことになります。

個別銘柄もそうなのですが、この業界にはこの傾向があるといったようなことが結構あったりします。安定性が良いとか良くないとか、この時期に下がりやすいとかあがりやすい、といったようなことです。

ただし常にそれが適用されるのかと言うとそうでもなく、業界においてその銘柄の企業がはどの辺りに位置しているのか、といったようなことも影響したりすることもあります。

そういうことの知識も求められるということになります。
多少面倒くさいと思うかもしれませんがなんだかんだで知識があることが株式投資を積極的に行うときにおいて成功率を高めるために必要になることになります。

数学的なアプローチというようなやり方をしている人もいますし、単純にファンダメンタルのみでなろうとするようなやり方もありますしいろいろなやり方ができるところも株式投資の面白いところでもあります。
個人的にお勧めできるのは初心者こそ、配当金狙いをするということです。
要するに安定している業績で、これまでずっと配当金を出しているところというのはいくらから例外はあるにしても今後もそうなる可能性が極めて高いわけです。

いわゆる、安定銘柄だけを狙っていくということができればそれだけでも意外と株式投資ではそこそこの成功を収めるということが多いです。
もちろん、配当金を出さなくなるというパターンもありますから絶対安心できるわけではないですが、それでもやり方としては安定していることが多いので実にお勧めできることになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする